納骨堂について学ぶ

納骨堂にはどの程度の期間預けられるのか

納骨堂にはどの程度の期間預けられるのか 従来のお墓に遺骨を納骨して安置するというスタイルをとらず、最近では管理が楽な納骨堂に遺骨を納骨して日常の管理から解放されるというスタイルが人気を集めています。
そこで気になるのは納骨堂にはどの程度の期間預けられるのかといった点でしょう。
細かい期間については預け先の寺によって大きく異なるのが現況です。
例えば一般的なのは三回忌や七回忌といった節目の周忌まで納骨堂で遺骨を管理し、その後は合同供養塔にて合祀をするというものです。
昔のように長い間法要を行う遺族というものが減ってきている現代では、短い期間の法要で終わらせるケースが多いためニーズに叶った供養をしてもらうことが可能でしょう。
なかには恒久的に遺骨を納骨してくれるという寺もあるため、大切なことは故人本人の生前の希望や、残された遺族がどの程度の期間納骨堂に遺骨を安置していて欲しいのかを最初に明確にしておき、希望に沿ってくれるお寺を選ぶことでしょう。

納骨堂の権利について

現在は社会背景によって、本人が無くなってから遺骨をお墓ではなく納骨堂を利用することが普通になっています。
昔はお墓を建てるまでの一時的な期間、納骨堂を利用するイメージが強かったのですが、現在では永代納骨する施設というイメージがついています。
この施設は墓地として都道府県知事の許可を受けている霊園や寺院に限られており、納骨の形式もその霊園や寺院の施設によって異なっています。
一般的にお墓と納骨堂には取得する権利に違いがあり、お墓の場合は、建てるときに永代使用権という権利を取得するのに対し、納骨堂は施設の中に遺骨を預かってもらう権利の遺骨の寄託契約をするといった権利の違いがあります。
施設の中には永代使用権が付与されているところもあり、この場合はお墓とほとんど変わりが無く、永久に使用できるのですが、三十三回忌や五十回忌の法要後に合祀される場合もありますので、跡継ぎがいないケースにはとても適した施設です。

新着情報

◎2017/10/4

納骨堂に預けられる期間
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「お盆」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@sikuuuuth 夏か秋のどっちかを考えてる…。お盆かな?

返信先:@vivi_shia やはりそうだったか❗ お盆が反対とは思った

お盆にさくれさんと連番した沼津バーガーに帰ってきた。 昼ご飯は深海サメバーガー! 白身のバーガーは普段食べてないからここで食べるイメージが出来上がりつつあるw pic.twitter.com/66butAZolX

Twitter竹にゃん@福岡CYaRon!両日、大阪しゅかしゅー@takenixyan

返信 リツイート 4分前

返信先:@yamazakiranchu 読み返したら確かにそうでしたねf^_^; お盆やお彼岸じゃあるまいし。www

Twitterこぶたベーコん@kobutabecon

返信 リツイート 6分前

今日朝からえらい体調悪いんだけど、そういえば、前もこっち戻ってきてから、めまいと吐き気で一週間くらい寝たきりになってたなって。 あのときはお盆休み突入したから影響なかったけど、今回は普通に仕事だからしんどい…

#続お年玉 単身赴任中の一昨年、仕事の為息子の小学卒業式・中学入学式に参加出来ず更にお盆・正月も家に帰らず頑張ったのに、あるパワハラを受け上司に相談した所、『お前は元々ここの人間ではない我慢するか辞めるかどっちかにしろ』と言われたので昨年退社しました。現在就活中です。お願いします🙏

返信先:@rura0214 あ、これ既に零れてるんよ笑笑 お盆もちゃぷちゃぷしてる( ◜ω◝ )

お盆onお盆やねこれは

返信先:@W3Punch お盆はちょっとマジで危ういんじゃないかなと(五輪)

関西だけど、実家の仏壇にお寺さんがお経あげに来るときや内輪だけの法事ならお焼香まわってくる。 うちはこんなキャスター付ではなくみんな正座してるところをお盆に載せてまわしてる感じ。