納骨堂について学ぶ

納骨堂を建設する際の規制

納骨堂を建設する際の規制 納骨堂とは遺骨を安置する施設です。
通常のお墓と異なり、建物内にロッカー式、棚式といった形で安置されます。
永代供養とそうでないものとあり、単身者や次世代に受け継ぐ人がいない人や、お墓ができるまで期間限定で利用する人もいます。
そんな納骨堂ですが、新たに建設・設置されるには規制を伴います。
それは学校、病院・診療所、児童福祉施設、老人福祉施設、介護老人保健施設から110m以上離れている事、そして人が居住または使用している住居からも110m離れていることが定められていますが、知事が公衆衛生上問題ないと認める場合には規制は撤廃されます。
このような規制が制定されているのは納骨堂は必要性の高い施設ではありますが、不動産的観点からすると嫌悪施設と受け取られることもあります。
墓地や火葬場と隣接した物件を避ける人がいるように、快く思わない人がいるためです。
そのため、環境を損なわず、近隣住民とうまく調和できるよう配慮するために規制を設けているのです。

納骨堂の新しいスタイル「機械式」

限られたスペースを有効に活用でき、交通の便などの立地条件の良さから近年都市部を中心に選ばれることの多くなった納骨堂。
ロッカー式のものが主流ですが、その名の通りコインロッカーのイメージと重なってしまうこともあり、「あまりにも効率優先なのではないか」といった印象を持たれてしまう方も少なくないようです。
そういった事情からか、最近では様々な方式の納骨堂が登場するようになりました。
機械式はその中の一つで、遺骨が安置されている場所とは別に、広くてゆったりと設計された参拝ブースが用意されているのが大きな特徴です。
遺族が訪れてからタッチパネルやカードリーダーを操作することで、奥や地下にある納骨スペースから故人の遺骨が運ばれてきます。
ロッカー式の場合だと、他の方々の遺骨と同じように納められている納骨壇を目にすることに抵抗を感じてしまう方でも、機械式であればそういったことを気にせずに故人を偲ぶことができるでしょう。

新着情報

◎2017/10/4

納骨堂に預けられる期間
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「位牌」
に関連するツイート
Twitter

星の命名権を買ったり位牌を作ったり、オタクってすごいな…

井戸端の菖蒲はまだ蕾が固く、白や赤紫の花色を半襟のようにのぞかせているだけだ。だがそれがかえって清々しく思えてお百合は数本を切り、位牌に供えた。【ちゃんちゃら】

Twitter【非公式】朝井まかてbot@BotAMfavorite

返信 リツイート 21分前

テクノロジーの進歩は否応にも文化の近代化促します。 日本でも葬儀の遺影がタブレットになったり、位牌を機械でプリントしたり… 宗教は信じる心が大切ですが、儀式が効率的になると次第に形骸じみて見えちゃいますよね。

TwitterArgs.Engineer(25歳文系出身フリーランスSE)@ArgsEngineer

返信 リツイート 24分前

電子位牌はもうあったよね確か

RTすごいコレはちょっと前に話題になった推しの位牌ってやつかい?wwwwwwwww

昨夕“山口秋芳梨”が届いた♪ 毎年姉が送ってくれた実りの秋が、姪たちの気遣いで。電話では専ら台風の話に。山口は雨より風が酷かったらしい。 早朝目が覚め13日は親父の命日だったト忽然…枕元に立つはずはないが、不肖を詫びる。真っ先に位牌を二階に移すも父のことは忘れていた。梨をお供えする。 pic.twitter.com/HNyqtukJ7b

科学に順応するスタイル、素晴らしいね。これで現代でも宗教に親しみやすくなるし。 日本でも電子位牌とか電子神棚あればいいのにな。 pic.twitter.com/lKzAT44Kst

Twitterypa⭐️ガングート@Hey_Gangut

返信 リツイート 55分前

すっごい!!!!!!!!!推しの位牌!!!!!!!!!すっごい!!!!!!!!

推しの位牌!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!RT

す、すごい…!!?!リアル位牌だ…!推しの位牌があることによって血縁者みを感じられるところがグッズ(※グッズではありません)としてすさまじい……凄みがある…

Twitterぃ༨ʖˋご飯うまし@umasikuraaa

返信 リツイート 13:18